不動産管理システムを活用することで手間が省ける

女の人

賃貸物件の転貸借

間取り

家賃保証や管理業務代行も

アパートやマンションといった賃貸物件を転貸借することを一括借り上げと言います。貸主であるオーナーと入居者の間に不動産管理会社が借主として入って、又貸しを行うのが一括借り上げの基本的な仕組みです。大家から物件を一括借上げした際に、不動産管理会社は大家側に手数料を差し引いたリース料を支払います。その一方で借り上げた物件を貸し出し、賃料収入を得ることで収益を上げています。一括借り上げの仕組みはこのように大家・管理会社・入居者間の転貸借です。これ以外に知っておきたい仕組みとして、大家側は家賃減額請求について押さえておく必要があります。家賃減額請求は経済状況などの変動によって賃料の減額を借主である不動産管理会社が大家に対して行うものです。築年数が経過して入居率が落ちてきた場合などに特によく請求されます。契約途中での減額請求があった場合、適正な賃料かどうかの判断が大家には求められます。また一括借り上げは通常は家賃保証や賃貸管理業務とセットになっているのも知っておきたい仕組みの1つです。家賃保証は空室保証や滞納保証があり、賃貸経営におけるリスクの軽減に役立ちます。賃貸管理業務は集金管理や建物管理を不動産管理会社が代行してくれるもので、大家側の負担の軽減に繋がります。このように一括借り上げは大家側と不動産管理会社側の双方で家賃保証などを含めたリース契約を交わし、入居者を含めた三者間による転貸借で成り立っています。