不動産管理システムを活用することで手間が省ける

紙幣とダルマ

ほぼやることがないです

不動産投資は賃貸物件を購入してしまえば、ほとんどやることがない投資手法です。日々の管理や入居者の募集は不動産管理会社がオーナーの代わりにすべて行ってくれます。しかも高い利回りを安定的に確保できるのです。

クラウドで募集できる

PCを使用する人

一括管理で業務量削減可能

不動産管理システムを導入するとなると初期投資がかかったり、面倒なことのほうがおおいとお考えの大家さんも多いです。ですが、不動産管理システムを導入すると入居者の募集から、入居者の管理まで一括で行うことができます。募集を行うたびに入力しなおしていたデータも保管でき、再利用可能となりますので募集にかけていた時間が短縮できます。また、入居者を管理するために作成した大切な書類(エクセルや手書きなど)の管理はどうしていますか。紙で手書きの場合には紛失や消失など様々なリスクにさらされていますし、個人のパソコンでエクセルとして保管されているファイルもパソコンが壊れたらなくなるリスクが高いです。不動産管理システムを導入するとバックアップが確かなものとなり、入居者の管理に必要な書類を守ることができます。大切な情報を漏洩したり紛失や消失することなく、クラウド型ならデータは安全に守られています。契約書の作成は非常に簡単です。必要な情報を入力すればワンクリックで作成されます。また更新時期の案内を個々の入居者に案内する際にもワンクリックで作成可能です。また、入出金管理も不動産管理システムを使うと簡単に作成できます。そのため頻雑になりがちな大家業務を円滑に進めていくために、不動産管理システムは大きく力を貸してくれます。修繕や点検、クレームの対応も毎日の業務に追われているとつい後回しになりがちですが、大家、入居者との対応記録に加えて、業者に依頼した記録も残せます。不動産管理システムを導入すると大家業務に必要な一切の対応が管理できますので業務削減が可能となり、他の業務に対応できるようになります。

業務内容の変更を考慮

ウーマン

マンション管理を部分的に業者に委託するときには、経営を始めてから業務の追加をしたくなる可能性を考慮しておくのが大切です。柔軟に業務内容の変更に応じてもらえるかについて相談し、契約書も確認するのが重要になります。

賃貸物件の転貸借

間取り

賃貸物件を直接入居者に貸すのではなく、間に不動産管理会社に入ってもらいリース契約を交わすのが一括借り上げの基本的な仕組みです。付随して家賃保証や賃貸管理業務の代行がセットになっていることが多く、大家側は家賃減額請求の仕組みも知っておく必要があります。